専用袋いらずで、柔らかい物から乾物・汁物まで何でも真空パック「フードシールド 業務用 真空パック器 【吸引力80Kpa】JP290」

ここ数ヶ月でいろいろと性能がアップデートされているみたいで、2018年4月にはコンセントに電源プラグを差し込むと通電する仕様となり、2018年8月にはストッパーフック部分が高耐久部材仕様となってます。

  • ポイント1

他社製品だと専用袋を使用するものもあるのですが、これは専用袋が不要となっています。一般的に専用袋は割高ですが、その分節約になります。

専用袋がなくて、何を使うのかというと市販のナイロンポリ袋やアルミ蒸着袋を使用する事ができるようです。

  • ポイント2

Youtubeに使い方がアップされててすぐに初められるし、わかりやすくなってます。

95%以上の人が問題なく使用できているみたいです。

  • ポイント3

シーラーは故障が不安ですが、1年のメーカー保証がついているので安心です。